1人暮らしレシピ

学生時代に1人暮らしを経験してから、自分で家事をこなすことが出来るようになりました。その中でも料理は、レシピを自分で調べたり、人から教わったりし、結構な数のレパートリーがあるのではないかと思います。

そのように、料理の腕には多少自信のあった私ですが、これまで自分で魚をさばいたことがなく、魚を買う時はいつも加工済みのものを選んでいました。しかしつい先日、とうとう自分で魚をおろす日がやってきたのです。
 たまたまスーパーへ食材を買いに行った時、煮魚を作ろうと鮮魚コーナーで魚を探していました。ブリやサンマ、タラはよく使うので、たまには違った魚をと思い、お店を見まわすと、小ぶりな鯛が安く売られていました。他に良い魚がなかったのと、鯛が安く買えるという事で、私はその鯛を購入しました。
 実際に調理を始める前に、まず鯛のさばき方についてネットで勉強をし、その後取り掛かりました。まずは包丁の背で鱗をとります。鱗は思っていた以上に固く、キッチンの至る所にとれた鱗が散乱し、掃除が大変でした。鱗をある程度取り除いてからは、内臓を取り出します。えらの辺りに切り込みを入れたら、お腹を裂いていきます。半分ほどまで裂いたら、次はお腹の中の内臓を取り除きます。引っ張ってもなかなか取れず、水をかけ流しながらやると綺麗に取り除くことが出来ました。
 ここまでの作業に30分以上かかってしまいました。また鱗も十分には取れておらず、食べにくかったです。これからもっともっと修業を重ねないといけないとな思いました。

«
»