自己分析と業界分析

これまで何度か転職をした事があるのですが、やっぱり新しいところに就職するのって何かとエネルギーがいるな、と毎回思います。
これまで自分がどんなスキルを磨いてきたのか、自分を採用する事で会社側にどんなメリットがあるのかも整理しなくてはいけない。

しかもそれだけではまだまだ不十分で、どうやって面接官に話せばうまく伝わるのか、会社と自分の相性が良いとアピールするにはどうすればいいのか、最低でもここまでは考えを掘り下げていかないと内定はもらえません。

周りの友人も転職をした人が何人もいるのですが、決まって自己分析や業界分析でつまずく様です。
多くの人たちは自己分析と業界分析を別々にやっているみたいなのですが、今就職活動をしている人に是非オススメしたいのが、自己分析と業界分析を同時にしてみる方法です。

なぜ一緒にする事にメリットがあるのか。それは自分と企業が「マッチング」させる事が特に重要だからです。
よく「就職活動はお見合いみたいなものだ」と表現するのを聞いたりしませんか?

マッチングといえば、ワンちゃん同志の相性もあるらしいですね。
あるお店では、全ての交配犬は専門機関でPRAの遺伝子検査を受けノーマル判定の結果を得ていて、PRAによる失明で苦しむ子は生まれませんと断言しているブリーダーもいるとか。

トイプードルにそんな疾患があるなんて、全然知りませんでしたので、ペットを飼うということは難しいなあと思いました。

«
»